最新の修行成果
月別アーカイブ
仙人一覧
Eurobeatのエッセンス:シーケンスフレーズの巻(II)
2014 - 03 - 16 - Sun

"超ユーロビート追求────────"

果てしなきユーロビートの可能性を追い
その夢に生きるしかない星のもとに生まれてきた “私” というバカな男を
根底から揺さぶったショック!!!

cmd_008_osu.jpg

前回に引き続き、シーケンス・フレーズの作り方について書こう。
シーケンス・フレーズはアイデア勝負であり、ほぼ∞通りの作り方があるので
基本的な考え方について解説しよう。

音えらび

シーケンス音は、楽曲を楽しくさせたり、寂しい隙間を埋めたりするパートであるので
目立ちすぎることもなく、かつ、埋もれないようなサウンドが望ましい。
ではどんな音色が最適かというと、実はどんな音色でも使えてしまう!

ピコピコなる矩形波※1などの基本波形や、サンプラーやPCMシンセの音色などでも、音色のジャンルも無視してリード系音色に限らず、例えばベースの音色やヴォーカル・サウンドでも良い。発想次第でドラム音色なんかも使えそうだ。
色々選んで、打ち込んで試してみて、一番しっくりくるサウンドを探そう。

なお余談だが、超有名ユーロである “NIGHT OF FIRE” では、楽曲冒頭のシーケンス・パートになんとPCMシンセのスラップ・ベース音を高い音で鳴らしてシーケンス・フレーズを構成しているのである!!

イタリアの製作陣はこういった奇想天外な発想で楽曲を構成してくるので、我々にとってまさに猛牛・ヒグマ・範馬勇次郎のような存在であるッッッッッ!!!
cmd_008_bratt.jpg
NIGHT OF FIREの制作者である
Bratt Sinclaireおじさま(範馬勇次郎)

打ち込み方①:コード進行をなぞる

シーケンス・フレーズの打ち込みは様々な方法があるが、基本的に短い単音を細かく連続で鳴らしていることが多い。
最も簡単なのはコード進行の構成音をなぞる形で打ち込む方法。
コード音に沿っていれば不協和音も出ることはないし、確実である。

これは、コード進行をガイド表示しながら、打ち込んでみた例である。16分音符で細かく打ち込み、タイミングやリズム感なども考えながら、8分音符なども入れたり、鳴らす順番・オクターブなどもノリで決めて行こう。

また、使っているDAWやシンセサイザーによっては、コード進行を打ち込むだけで、自動的にコード音に細かく分散して鳴らすアルペジエーターという機能が付いている。打ち込みがとても楽になるので、ぜひ活用しよう。
cmd_008_seq.png

上の図にある打ち込みデータではないが、コード進行をなぞって打ち込むとこういう感じになる:

打ち込み方②:ベース(Root音)をなぞる

ベースの音階にあわせて細かい音を連続で打ち込む方法も考えられる。
でも、ただずらーーっと16分音符を並べただけでは音に変化がなくなってしまうので、何個おきでオクターブを変えてみるとか、エフェクターを駆使して、連続的に音に変化させてみるなどの工夫が必要。

打ち込み方③:オブリっぽく打ち込んでみる

目立つパートや引き立てたい楽器がない所だったら、ヴォーカルを盛り上げるような打ち込みをしても良いかも。
一旦オブリガード※2を打ち込んでみて、それをガイドにして細かく鳴らすようにアレンジしてみたり。。。

使い方テクニック①:定位を固定・変化させてみる

フレーズをキメたら、次はミックス方法を検討しよう。
せっかく作ったシーケンス・フレーズは、ミックス次第でさらにカッコ良くなる!!

まずは、定位(左右のバランス)を弄る方法。
2つ以上のシーケンス・フレーズを作ったら、それぞれを左右中央に振り分けてみるとさらに豪華になる。
さらにリアルタイムに定位を左右に変化させても良いだろう。

使い方テクニック②:複数パートを切り替えてみる

同じシーケンス・フレーズだと一本調子になってしまう!
なので、たくさんのバリエーションのシーケンス・パートを盛り込むと楽曲が楽しくなってくるが、そうすると楽曲がごちゃごちゃになってくる。。。
そういうときは、同時に鳴らすシーケンス・パートを1~3つなど少なく絞って、切り替えながら鳴らす方法が考えられる。
小節ごとにおらおらっと切り替えても良いし、Aメロだけはこのパートをずっと鳴らす!ってのもアリ。
自分の場合、1楽曲で6~16トラックくらいシーケンス・パートを作るが、同時に鳴るのはせいぜい多くて4トラックくらいである。

使い方テクニック③:ミックス時は目立ちすぎぬよう!

シーケンス・フレーズは縁の下の力持ち的な存在なので、全体を支えるようなミックスを心がけるとスバラスィ。
なので、最も目立つパート(ヴォーカル・ドラム・ベース・ギター等)をミックスした後、シーケンスパートのミックスをする方法が一番確実かと思われる。
楽曲の盛り上がりが足りなければ足し、多すぎたら調整って感じで、試行錯誤を繰り返そう。

気合いを入れて作ったパートだから表に出してぇ!!って気持ちは激しく分かるが、それは “押忍” の精神(攻撃的忍耐)で耐えよう。
どうしてもこのパートを聞かせないと爆発してしまいますって時は、楽曲冒頭のイントロでソロで鳴らしてみるって方法もいいかも知れない。

以上が、シーケンス・フレーズの基本的な作り方である!
メンドくさい作業だったり、アイデア・センスが要求されるパートだったりで大変な要素ではあるが、これがなくてはユーロビートは構成できない!
ユーロの道はシーケンスフレーズにあり!!!!

ぜひシーケンス・パートを何本も作ってマスターし、ユーロビートに磨きをかけよう。
その時、君は美しい。

※1矩形(くけい)波:
シンセサイザー基本波形の一つ。聞けばファミコンのサウンドを思い出す、単純明快な音。別名スクエア波。矩形波の進化系で "パルス波" がある。
(厳密には矩形波はパルス波の一部に分けられる)
(もっと厳密に言うと、AC信号の場合1周期における正値と負値のDuty比が1:1で構成されフーリエ級数を用いて級数表現するとf(t) = 4/...おっと誰か来たようだ)

※2オブリガード:
ヴォーカルなど、メインのメロディーを引き立てるために鳴らすフレーズ。別名 "オカズ"。

web拍手 by FC2
Eurobeatのエッセンス:シーケンスフレーズの巻(I)
2014 - 03 - 08 - Sat

私は見た!戦うことも許されず、あえなく殺されたヒグマの中に・・・
自分の同類を・・・人間界の常識によって野生の命を絶たれたヒグマに、こそ・・・
同じく超人追求の夢を断ち切られた彼自身の仲間を・・・見た・・・

私はただ むなしかった・・・
侘しく、ユーロだった・・・
欧山ユーロ倍達

押忍ッッ!!!!

先週は生放送の試験放送を行ったり、仙人会議(肉を食う会議)などが立て込んでおりました!
そしてユーロ山にもついに光ファイバーとやらが通って、インターネットなるものが快適になった!
しかし我々にはそのようなハイテクなものより、道着・気合・牛さえあれば十分なのである!!

さらに、我らユーロバカはインフルエンザという未知の流行病に冒されていましたッ!
40℃以上の発熱を伴ったが、どうにか気合いで切り抜けられました。
しかし、ユーロバカも風邪を引くという良い教訓になった!!

さて、今回はユーロビートを構成する上で欠かせない「シーケンス」というパートをご紹介しよう。

どんな音?

人間の言葉で説明するより、まずはこの音を聞いてくれ!!
そして、前半の音と後半の音と、何が違うか比較してみよう。

大きな差はないが、何か後ろで鳴っているパートで賑やかさが違う感じがする。
実は、こんな音が鳴っているのだ。

こういった、短い音・短いフレーズが繰り返し鳴っているパートのことをシーケンス・パートという。
何となくトラック全体が寂しかったり、賑やかさが足りない、隙間が多いと感じたら、このパートをうまく追加してやると、いい感じにまとまってくれます!

また、このシーケンスパートを絶妙に構成できるようになると、格段とユーロビートの完成度が高くなる重要なパートである!!

次回は、どういう作り方・打ち込み方があるのかご紹介したいと思っております!!
押忍!!!!

web拍手 by FC2