最新の修行成果
月別アーカイブ
仙人一覧
ハードシンセはスタジオミュージシャン
2013 - 04 - 30 - Tue
さて前回はヴォーカルあきさんの為にキーの確認でした。
幸いにも事前に用意した仮オケがバッチリとの連絡を頂いたので
このまま続行します!!

キーとテンポに変更がなければ本格的に編曲作業を開始します。
これは自分の場合に限りますが、最初にキーとテンポだけは
しっかりと先方に確認を取ります。
理由は未だハードシンセ率が全体の80%近くを占めるからです。
※1MIDIデータがあれば簡単に録り直し出来るのでは?と思うでしょうが
彼ら(ハードシンセ)はイキモノっす!!
同じと見せ掛け微妙なタイミングや揺らぎが良い味を出してくれます。
また、ヴォーカルさんに得意なキーレンジがあるようにシンセにもあるのです。
すなわちユーロ山ではスタジオミュージシャン扱いである!!

ユーロ山的階級

ハードシンセ→ハードディスク→PC(Mac)→自分→熊

ちなみに前回の仮オケはすべてソフトシンセで制作してます。
ソフトシンセの利点は※2リテイクに即座に対応出来る事です。
(その便利さが現在のリテイク地獄を生み出したとも言える)
ここで一点補足ですが、決してソフトがハードに劣る訳ではありません。
当時、※3デジタルシンセが登場し※4アナログシンセの方が勝るなど
議論もありましたがモノは使いようです。フリーウェアを使おうが
百万円もする機材を使おうと結果良ければ問題なし!!押忍!!

そしてこれがアレンジの第一段階。



構成は

・ヴォーカル
・ドラム
・ベース
・リフ
※5オブリガート
※6バッキング・シンセ
・ヒット
・パッド

聞き易いようにインストもアップします。



最初にベースの音色から差し替えます。
使用機材は漢の※7FM音源を使用します!!
仮オケでは※8FM8でしたが実機※9DX7に変更。

次にユーロビートの肝とも言えるリフの音色を作り込みます。
ここでは複数の先生方(ハードシンセ)に演奏して頂きます!!
中でも※10赤いシンセは通常の3倍気を使うので(特に※11LFOの揺れなど)
気に入った音色になるまで最低2〜4回程録り直します。

オブリやバッキングはヴォーカルの邪魔にならないよう
音色を制作します。

それでも最終的にはハモりなど埋もれ易いので
今回はヴォーカルの構成が聞き易い音源もアップします。



自分は基本3声の構成で制作します。
常に3声ではなく盛り上げたいフレーズで構成に変化をつけます。


ちょっと話が難しくなりましたが如何でしたか?
では、また次回!!


※1MIDI:[musical insturument device interface]楽器用の共通インターフェース。
※2リテイク:[retake]録音、録画、撮影などの録り直し。また、クリエーターにとっては多大な精神的破壊力をもたらす。
※3デジタルシンセ:DX7など。
※4アナログシンセ:mini moogなど。
※5オブリガート:[obbligato]メロディーラインを引き立てるメロディックなパート。
※6バッキング:[backing]背後で演奏される伴奏。
※7FM音源:[Frequency Modulation]波形を掛け合わせ、元の波形自体が待たない倍音を作り出す音源。
※8FM8:Native Instruments社のソフトシンセ。
※9DX7:YAMAHAの代表的なシンセサイザー。
※10赤いシンセ:ClaviaのNord Leadシリーズ。
※11LFO:[Low Frequency Oscillator]低周波発振器。

以前のブログはこちら!!
web拍手 by FC2