最新の修行成果
月別アーカイブ
仙人一覧
ラフミックスまでの道のり
2013 - 05 - 06 - Mon
日夜鉄の拳を鍛えるべく、本日もユーロ山に昇り続けます!!


前回大まかな形は出来たので、今回は細かい音色など加えラフミックを制作します。



※1シーケンス・トラック
・ベル
・ストリングス

シーケンス・トラック(俗にいうピコピコ音)は疾走感やノリを加える役目が大きいです。
ベルやストリングスは高域に艶やかな響きを与えたり
メロディーを支えたりと使い方は色々あります。
後はイントロや※2インターリュードなど制作し
必要ならギター、効果音を付け加えます。
フルコーラスが完成しましたら、じっくりとミックス作業に入ります。
ラフミックスの時点ではヴォーカル以外※3エフェクターは
ディレイなど最小限にとどめときます。
自分はその方が音像がぼけず音色の輪郭がつかみ易いからです。

以上、ここまでが1コーラス出来るまでの流れになります!!


※1シーケンス・トラック[sequence track]:シーケンサーに打ち込んだパターン(アルペジオなど)
※2インターリュード[interlude]:間奏または間奏曲のこと。
※3エフェクター[effects]:電気信号化した音を加工し、変化させる機器。

以前のブログはこちら!!
web拍手 by FC2